BLOG Archive

卒園アルバム 少数ページの強み

20190725_キャッチblog

こんにちは、卒園アルバム制作メーカー“キッズドン!”の宗川 玲子(そうかわ れいこ)です。

今日は「少ないページでも良質なアルバムはできる」ことについてご案内します。

先日このようなツイートをしました。


そしてもうひとつ


どちらのツイートにも共通する事は「シンプルはメッセージが明確に届く」という点です。
卒園アルバム-少数ページのいい所-1この思想を元にページ構成を行えば、多量ページと比較しても見劣りせぬクオリティを作り上げることができます。

目次
少数ページにならざる理由
少数ページ構成を再考案
シンプルなレイアウト案
おわりに

少数ページにならざる理由

卒園アルバムのページ数が少数化されるのは、当然ながらそれなりの理由があります。

卒園アルバム委員(または卒園対策委員)の発足当初、誰もがしっかりとしたハードカバー系で豪華なページ数に溢れ変える写真を掲載したい…。と思い描くものです。

キッズドン!にも日々多量な見積依頼が届きますが、その平均ページ数は24ページ以上です。
卒園アルバム-少数ページメリット-2ですが次のような理由によって余儀なく少数ページへ変更となる場合があります。これから制作に携わる予定の方も、参考になさってください。

予算オーバー

一番の原因はこれです。24ページだと予算を超えるが、12ページだと範囲内。本当は余裕あるページネイション(ページ構成)にしたいけど、上手く編成を行い12ページに収めるケースです。
卒園アルバム-少数ページメリット-3

写真が思いのほか集まらない

蓋を開けてみたら写真が全く無かった。または積極的に撮影したが掲載できるレベルと思えないといった理由により、その行事の掲載ボリュームが縮小することからページ数が減少するケース。
卒園アルバム-少数ページメリット-再編成

行事中止

例えば連日の雨でプールイベントが中止となった。親子遠足やふれあい広場が止むなく中止となった…などの理由から、基のページ構成が変更となる事態が生まれ、またその補填行事や内容も無いことから、ページ数が減少となるケースです。
卒園アルバム-少数ページメリット-再編成2

少数ページ構成を再考案

少ないページ数でいかに充実した構成を組むか…。と考えたとき陥りがちなのは

とにかく詰め込む

という発想です。仮に見開き2ページに40枚の写真を充当する計画だったとします。

ページ数減により単純に1ページに40枚を詰め込む事を考えがちです。

ですが、1ページ40枚ですと単純な均等割でも「写真1点のサイズは幅4cm×縦3cm」となり、このサイズは証明写真と同等となります。
卒園アルバム-少数ページメリット-詰め込み厳禁この仕様では次の様なデメリットが生まれます。

・園児の表情を表現しきれない
・均等割によってメリハリが付けれない
・集合写真での園児サイズは米粒以下
・繁雑さを生むことからインパクトはゼロ

これでは「卒園アルバム」の主旨が崩れ、支離滅裂となってしまいます。

色々な思想があるとは思いますが、卒園アルバム制作の意図は「園児が友だちと成長し、楽しい時間を過ごした記録」である事が前提であり、上記のデメリットではそれを十分に表現出来ないと思われます。特に

・園児掲載数の数合わせ
・写真の再選定は青息吐息
・たくさん掲載すれば問題も起きないだろう
・手を抜いてると思われてしまう

という思考は出来れば避けたいものです。

アルバムを受取る園児や保護者がアルバム委員の方に期待すること…それは「生き生きとした園児の表情を再現し」「見やすく」構成されたアルバムである事に違いありません。
卒園アルバム-少数ページメリット-見る側の期待値このことからキッズドン!が支持したい構成は

シンプルに構成すること

となります。少数ページで制作することは確定しているのですから、あとは少数のメリットを追求して制作を進めていきましょう。
卒園アルバム-少数ページメリット-シンプルは強い

シンプルなレイアウト案

以前8ページ構成で「1ページに1点のみを全面掲載」という究極のシンプルアルバムを制作した事があります。

以外にも好評価

1ページに1点の集合写真と、春夏秋冬の思い出に寄せる先生からのメッセージを添えたそのアルバムは、驚くことに歴代のアルバムの中で最も高評価だったという事です。

徹底して引き算

掲載写真が無かったわけではなく、徹底した引き算によって導いた結果が「1ページ1枚」であり、それに対して「手を抜いてる」「もっと色々な写真が見たかった」といったネガティブな意見は皆無だったと聞きます。

それは恐らく、アルバムを開いた瞬間に得るインパクトが絶大であり、様々な持論を制御するまでの力があったのだと思います。

ここまでのお話は極論としての事例ですが、一般的ではない事も良くわかります。

少数ページの掲載例

ここからは仮に8ページと12ページで制作した場合の構成サンプルをご紹介したいと思います。

卒園アルバム制作メーカーkidsDon!での販売商品、ハードカバーフルフラットスタンダードを使用した紹介内容となります

8ページ構成-1

卒園アルバム-少数ページメリット-8ページ構成1春夏秋冬のイベントを1ページづつ、残ページを卒園生紹介と園の一日、卒園式または1冊づつ異なる個人ページで構成した例です。

各ページの写真点数は「詰め込まず」に控え気味にする所がポイントです。

10点以内までは「偶数」で選定された方がレイアウトがしやすくなります。ここでは最大15点程度を推奨しており、イメージとしては友だち5〜6名で写るショットを中心に採用しています。

繰り返しになりますが「友だちとの関わり」の記録は、卒園アルバムにとって命題ともいえます。

少ない写真点数で本質を突くのであれば、上記選定をするべきと言えるでしょう。

8ページ構成-2

卒園アルバム-少数ページメリット-8ページ構成2運動会や発表会等のメイン行事にページを割きたい場合、春夏秋冬を1/2ページにして構成します。

季節ページはシンプルに、そして運動会のようなメインイベントページは賑やかに…といったメリハリを付けることにより、アルバムを見る側はどのページも楽しめること請け合いです。

仮にメインイベントの選択で迷われた場合、出来れば「発表会」は外す方がよろしいでしょう。

華やかさは一番ですが、撮影の特性から「横長ばかり」の写真となりがちです。このレイアウトは難易度が高いため、構成がイメージする程まとまらない性質を持ちます。

12ページ構成-1

卒園アルバム-少数ページメリット-12ページ構成1基本構想は「8ページ-1」と変わりません。

4ページ分が増加した事により、メインイベントと園の1日をそれぞれ見開きで展開しています。

12ページ構成-2

卒園アルバム-少数ページメリット-12ページ構成2基本構想は「8ページ-2」と変わりません。

メインイベント見開き掲載を「12ページ-1」に付加した形となります。あくまでも写真点数を欲張らない事がポイントです。

おわりに

今日は「少数ページの強み」についてご案内しました。

ある園から伺った話です。今年度のアルバム仕様をどうするかを検討してる最中、過去の園寄贈用アルバムを参考にする事となりました。

一昨年前は「長時間掛けて多量の写真を使用し36ページ分の制作を行った苦心作」、そして昨年は「1週間で少ない写真点数を8ページで制作したアルバム」。

今年度の仕様として選ばれたのは昨年度の8ページ仕様だったという事例もあります。

少数ページにはそれにしかない強みがあります。

その強みを活かし、アルバム委員の皆様が強みの信念を持って制作に当たれば、必ず園児、先生、保護者は喜んでいただけるはずです。

もちろん私共が制作のお手伝いをする場合でもSimple is Bestのポリシーを大切にしています。

今回も最後までご覧いただきありがとうございます。なお、私のプロフィールは下記よりご覧いただけます。
プロフィールを見る
それでは、また。
キッズドン! 代表 宗川 玲子(そうかわ れいこ)
卒園アルバムキッズドン!代表-宗川 玲子

お電話での問合せは 0467-55-9550 FAXでのお問い合わせは 0467-55-9551 まで
卒園アルバム専門メーカーキッズドン!オフィシャルサイトはこちら

関連記事

ページ上部へ戻る