BLOG Archive

パソコン制作するなら「複数ページ横断進行法」がオススメです

卒園アルバム-複数ページ横断制作-ブログキャッチ

早いものでもうすぐ7月。1年の半分が過ぎ去りました。こう表現すると「そろそろアルバム制作はじめなくちゃ」と重い腰を上げるきっかけになりませんでしょうか(笑)

こんにちは、卒園アルバム制作メーカーキッズドン!の宗川 玲子(そうかわ れいこ)です。

今日は、パソコンを使用し、ご自身で完成原稿を制作する場合にて、効率良く進める方法の一つをご紹介します。
卒園アルバム-横断制作-はじめに日頃からグラフィックデザインツールを使用してる方なら「独自の制作スタイル」が確立されていると思います。反対に、

・アルバム制作を機にパソコン制作に挑戦
・以前少しだけ経験がある、
・他に術が無いから向き合うしか無い

といった境遇の方は、そもそもソフトの操作方法取得だけで手いっぱいとなり、作業効率化までは考えが及ばない傾向にあります。

が、効率化を意識せず作業を継続していくと、いずれ壁にぶつかることとなります。例えば、

・時間ばかり過ぎて一行に作業が進展しない
・理想通りのテイストにならない
・最初の一歩でギブアップ
・2ページ制作だけで辟易

など、制作自体が鬱陶しく感じるようになってしまいます。
卒園アルバム-複数ページ横断制作-制作の悩みそのような状況に陥り、どうにも上手くいかないと嘆かれてる方は、ぜひこの方法を一度試してみてください。

本記事は卒園アルバム制作にて、複数ページの制作を担当している方向けの内容となっています

紹介は制作進行手順に関する内容であり、制作ソフトに関する操作方法の手引きではありません

目次
はじめに
複数ページ横断進行法
何ページまとめてがベスト?
この制作方法の狙い
各制作カテゴリーについて
おわりに

はじめに

皆さんはアルバム制作にどのようなソフトを使用されていますか?
卒園アルバム-複数ページ横断制作-アプリマイクロソフトWordやPowerPoint、またはAdobeイラストレーターやフォトショップ、あるいはkidsDon!がお勧めしているWebフリーソフトウエアのCanva(キャンバ)などなど、挙げれば切りがありませんね。

いずれのソフトであっても、デザインを進めていく上で、これから紹介する「ほぼどのソフトにも共通する進行方式」を知ってるのと知らないのでは、作業労力やメンタルの点でも大きな差が生じると思います。

複数ページ横断進行法

紹介する方法は「複数ページ横断進行法」です。

結論からお話すると「複数ページを各制作カテゴリーごとに横断しなが進める方法」となります。

下記の図をご覧ください。作業カテゴリーは

・写真展開
・ラフ配置
・写真加工
・写真レイアウト
・テキストデータ表記
・微調整

となります。これを各ページごとにカテゴリーごとに進行させて行きます。
卒園アルバム-複数ページ横断制作-6ページの事例

何ページまとめてがベスト?

この方法でお勧めのページ数は「6ページ」です。理由の一例として下記の内容が挙げられます。
卒園アルバム-複数ページ横断制作-6ページの理由

この制作方法の狙い

それは「達成」と「リフレッシュ」になります。
卒園アルバム-複数ページ横断制作-目的の図

制作は険しい道のり

白紙の状態からスタートし、数々のデザインレイアウトを経て完成に至るまでの間、制作に対する楽しさや喜びがある反面、様々な苦労や紆余曲折、挫折や葛藤もあり、それこそ険しい道のりとなるのが通例です。
卒園アルバム-複数ページ横断制作-険しい道のりこのデザイン工程をスタートからゴールまでを一気に目指そうとすると、場合によっては息切れを起こし、辟易してしまう事は珍しくありません。

また、制作工程を「完走」した後、次に待ち受ける「他のページ制作」に対して「また大変な作業を繰り返すのか…」といった感情がモチベーションを低下させます。
卒園アルバム-複数ページ横断制作-制作に疲れた

達成しやすいゴールを設定

そこで、デザイン工程をカテゴリー分けし、各工程の短いスパンごとにゴール設定をする事で、目標達成をしやすくするのが、この進行方法です。

デザインは多くの「決定」を下しながら進行させる白ものです。

大きさ、細かい位置、形状、そしてデザインそのもの…納得と妥協を繰り返し進めていきますが、制作時点では「これでよし」または「他にもデザインの仕様はあると思うが、現状はこれでいいだろう」といった、なんらかの承認を自らに与えて、制作をゴールに導きます。
卒園アルバム-複数ページ横断制作-デザインとは

リフレッシュのメリット

ですが、この制作内容から一度離れ、リフレッシュした視点で再度見てみると、更に優れたデザインを思いついたり、反対に「自分にこれでいいと言い聞かせたけどやはりボツにしよう」といった発展のための決断が出来ることがあります。
卒園アルバム-複数ページ横断制作-リフレ後のアイデア

飽き防止にもつながる

この「リフレッシュ」には「飽き防止」の狙いも含まれます。1つの事を長期で進めるとどうしても「飽き」が生じてきます。

制作してるページに対し、常に「ワクワク感」を持ち、高い士気を継続して望む事は難しい事です。

カテゴリー分けでの複数のページ制作を進める事により「飽きる手前」で作業が完結し、ベストコンディションで全ページに望むことができます。

マラソンや登山のようにペース配分を行い、小さなゴールを達成させ、冷静な視点で制作内容を判断する仕掛けこそが、この方法の狙いです。
卒園アルバム-複数ページ横断制作-ゴール

各制作カテゴリーについて

繰り返しになりますが、下記の作業を通しで行うのでは無く、1カテゴリーが終了したら、次のページの同カテゴリーを行うといった進行を今回は推奨しています。

キャンバスを準備

指定の用紙サイズに合わせた原稿のベースを用意します。下の図には「背景画」が敷かれてますが、白紙状態でも良いでしょう。
卒園アルバム-複数ページ横断制作-カテ0

写真展開

全写真をソフトのキャンバス上に並べます。この時点では単純に整列させて、デザインを組む事はしません。

モニターを上下左右にスクロールせずにまとめて見える状態が理想です。ここで全体の写真を眺め「特性」を掴みます。
卒園アルバム-複数ページ横断制作-カテ-写真展開

特性抽出

特性とは「その写真をどのように加工できるかの見極め」であり、その特性ごとにセグメント(分類分け)を行う作業を「抽出」と呼んでいます。

特性の例として下記のものがあります。

・丸でトリミングできる
・横長でトリミングできる
・切抜きに使える
・同類の写真によるコラージュ
・集合写真

これらを特性ごとに分類します。(抽出にあたります)

すると、独立していた写真が分類ごとの固まりとなって整理され、レイアウトの構想が浮かびやすくなります。

この段階でもしトリミング(またはマスクと表現)が容易に出来るようであれば、その施工を行います。施工後、不自然さがあった場合は、元に戻す等の判断を行います。
卒園アルバム-複数ページ横断制作-カテ-特性抽出後卒園アルバム-複数ページ横断制作-カテ-特性抽出

ラフ配置

1点1点の写真を決め打ちして配置するのでは無く、特性抽出した写真を原稿上に「ラフ」に配置していきます。

ここが最も重要なパートです。配置は下記のポイントを考慮しながら、写真サイズを変化させて行います。

ポイント
・大胆に配置
・集合写真は大きく
・集合「特大」として、それ以外の写真を「大」「中」「小」を意識してメリハリを付ける
・天地左右に余白を設ける
・写真と写真の重なりは必要最低限に留める
・写真間の余白をほぼ圴一にする
・写真同士の縦ラインと横ラインを揃える事を意識

などになります。各ポイントの詳細は後日1項目ごとに別のブログ記事としてご案内します。

サイズを変更しながらレイアウトを行いますが、全写真が理想通りに1発で配置できるのは、ごくごくまれな事です。

どうしても「2枚は入らない」「無駄な空間が生じる」など不都合が生じることが当たり前ですので、上記のポイントを押さえながら、何度も配置を繰り返します。
卒園アルバム-複数ページ横断制作-カテ-写真配置

レイアウト確定

各ページのラフ配置が確定したら各写真の領域を図面化します。四角ツールや角丸四角ツール、丸ツールで写真の上からライン採りを「出来るだけ正確」に行います。
卒園アルバム-複数ページ横断制作-カテ-写真配置決定

写真加工

この時「レイアウト確定」の工程までで保存してあるファイルをコピーし、コピー側の写真で作業すると後の作業がスムーズになります。

写真加工は各写真をデザイン加工する工程です。角丸四角にシェイプする、写真にフチ(枠やフレームとも呼びます)をつける、丸にシェイプするなどがそれに当たります。

この加工は各アプリケーション(ソフト)によって異なることから詳細の解説は割愛いたします。
卒園アルバム-複数ページ横断制作-カテ-写真加工

写真レイアウト

「レイアウト確定」で図面化したラインに沿って別ファイルで「写真加工」した写真をコピーペーストで配置します。

写真のレイアウトデザインがこれで完工した形になります。

タイトル・テキストデータ表記

文字情報を掲載します。メインタイトル、キャプション、吹き出しなど、文字情報を載せる事により、原稿全体に締まりが生まれます。

またポップ風なフォントを使用すればユニーク性が生まれ、少々堅い雰囲気の原稿でも柔らかさを出すことが出来ます。

微調整

各写真のサイズや、写真同士の位置関係など、調整を行い全ページを完成させます。
卒園アルバム-複数ページ横断制作-カテ完成図

おわりに

今回は複数のページを「制作カテゴリー」に分類し、そのカテゴリーごとに制作を横断する方法を紹介しました。

この方法の根底にあるのは「いつでもワクワクしながら楽しく制作するには」という想いです。

日頃からデザインソフトを扱っている方であれば、自分なりの「制作方法論」が確立されてると思いますが、卒園アルバム制作を機に「初挑戦」となった場合、どうしても手探りで進めていくしかありません。

ですが卒園アルバム制作の時間は、非常に限られています。いかに「納得いくページを短期間で作り上げるか」が現実的な課題となります。

そんな時、この「複数ページ横断進行法」を一度お試しになられてはいかがでしょうか。

今回も最後までご覧いただきありがとうございます。なお、私のプロフィールは下記よりご覧いただけます。
プロフィールを見る
それでは、また。
キッズドン! 代表 宗川 玲子(そうかわ れいこ)
卒園アルバムキッズドン!代表-宗川 玲子

お電話での問合せは 0467-55-9550 FAXでのお問い合わせは 0467-55-9551 まで
卒園アルバム専門メーカーキッズドン!オフィシャルサイトはこちら

関連記事

ページ上部へ戻る