BLOG Archive

卒園アルバム-デザインのヒントvol.3

20190703-デザインのヒント3-キャチ

卒園アルバムのデザインをご自身でされる方へお届けする「デザインのヒント」。

今回のテーマは「特別授業」です。

レイアウト構成、写真サイズの緩急のつけかた、遊び心を持ちつつ時にはシンプル化を図るなど、アイデアに結びつくヒントがあるはずです。

紹介する原稿デザインに使用している「写真枠(フレーム)」は、フリー素材としてこのページ巻末よりダウンロードが出来ます。
ダウンロードフリー案内フリー素材のフレーム枠に実際に写真を合わせて使用したり、原稿画像を配置のベースとしてテンプレート化したりと、その活用方法は様々です。

卒園アルバム制作メーカー“キッズドン!”のデザインスタッフがお届けする「デザインのヒント」。ぜひお役立てください。

目次
今日のテーマ
デザインを観察
デザインを解散
デザインのまとめ
フリー素材ダウンロード

今日のテーマ

特別授業

デザインのヒント-特別授業-全景750(画像をクリック、またはタップするとA3サイズにてご覧いただけます)

左右のページを分けたのがこちら

デザインのヒント-特別授業-左ページ左ページデザインのヒント-特別授業-右ページ右ページ

デザインを観察

背景画

この幼稚園に通常教育以外に「6つの特別授業」があります。

掲載内容は

・担当先生との集合写真
・担当先生からのメッセージ
・授業風景スナップ1〜3点

という構成です。

集団での写真が多いこと、写真でほぼ背景が覆われることから、シンプルな濃いめのパステルカラーで見開きページを6分割しました。

隣合う枠、および天地枠の色相が同一にならぬようにし、境界を明確にしています。
デザインのヒント-特別授業-背景

写真点数

見開き合計で17点の写真とメッセージを掲載しています。

まず集合写真を最大にし、次いで担当先生からのメッセージを識別できるサイズにし、残るスペースで授業風景のスナップを掲載しました。
特別教室の先生紹介-メッセージ枠

写真サイズでの工夫

集合写真のサイズを、ほぼ全授業同一とし統一性を持たせています。授業風景のスナップが、各時授業によって異なりますが、これによる集合写真の極端なサイズダウンは避け、スナップとメッセージをバランスに違和感が無い程度に小型化して、枠に収めました。

デザインのポイント

先生紹介や特別授業の場合

・真正面撮影
・記念撮影風
・テキストデータ(氏名やメッセージ)

などの要素が投入される特性から「理路整然」とした配置を採用しています。

グリッドデザインとも呼ばれ、縦直線方向、横直線方向が一定のラインで合って配置を行う方法です。

このデザイン方法にて一見繁雑となりがちな構成要素も、まとまりある見やすさとなります。

デザインの解散

使用したフレームだけを並べてみました。
20190705-記事掲載画750px(画像をクリック、またはタップすると大型サイズにてご覧いただけます)

このフレーム素材を、ひとまとめにダウンロードし、ライセンスフリーでご活用いただけます。

素材は「背景透過加工」の「PNGファイル」ですので、写真を重ね合わせたり、背景にそのまま合わせる事ができます。

本フリー素材に対し追加の仕様変更を承ることは出来かねます。予めご了承ください。

デザインのまとめ

今回は「特別授業」のサンプルをご紹介しました。

科学教室、サッカー教室、茶道教室、音楽教室など、子どもたちの目がいきいきと輝く様が、送られてくる写真からも伝わってきます。

ページ数の制約から、1ページから見開き2ページで制作される事が顕著ですが、本来更に多くの授業風景を掲載したいところです。

例えば「春夏秋冬」のイベントページや「園の一日」ページに少しのスペースを割いて、掲載を確保するのも一つの手ではあります。

先生からのメッセージも「直筆」で書いていただければ、尚、感慨深いものとなりますね。

フリー素材ダウンロード

下のダウンロードボタンで素材を取得できます。(圧縮zipファイル形式-192kb)

(写真枠は、画像解像度300dpiにて印刷に最適な品質ですが、背景を含む全体画は72dpiの為、印刷に使用することはお避けください)

今回も最後までご覧いただきありがとうございます。なお、私のプロフィールは下記よりご覧いただけます。
プロフィールを見る
それでは、また。
キッズドン! 代表 宗川 玲子(そうかわ れいこ)
卒園アルバムキッズドン!代表-宗川 玲子

お電話での問合せは 0467-55-9550 FAXでのお問い合わせは 0467-55-9551 まで
卒園アルバム専門メーカーキッズドン!オフィシャルサイトはこちら

関連記事

ページ上部へ戻る