卒園アルバムのつくりかた

BLOG Archive

  1. 卒園アルバムTOP
  2. 卒園アルバムのつくりかた
  3. 切貼り制作はじめの一歩「写真サイズを自由に変換」

2021.9.6

切貼り制作はじめの一歩「写真サイズを自由に変換」

切貼り制作はじめの一歩「写真サイズを自由に変換」-タイトル

切貼りで卒園アルバムを制作してる際、写真を思い通りのサイズにして構成したいと思ったことはないですか?

「A君だけ大きくてバランスが悪くなる…」「出来の良い集合写真、もっと大きく載せたい…」など、きっと思い当たる節があると思います。

こんにちは、卒園アルバム制作メーカー“キッズドン!”ブログ担当の宗川 玲子(そうかわ れいこ)です。今日は切貼り用写真のサイズを、理想とするサイズに変更する方法をご紹介します。

恐らく多くの方は「写真サイズを変更する発想がそもそも無い」という考えと思われます。

アルバム委員が収集した「ありのままの」写真ありきで構成を思案し、背景画の上に仮置きして制作を進める方法です。

キッズドン!が受取る切貼り原稿の多くがこの方法と聞いており、中には神業的にバランスが整っていて感心させられる原稿も少なくありません。

制作ご担当者に苦労談を後から伺うと「サイズが合わない写真があり、その代替えを探すのに時間を要した」「制作を進めていく内にどんどん拘りが生まれ、サイズ合わせや、大小緩急織り交ぜながら作りたかった」というお話が決まって出てきます。

こような制作経験者の体験談を参考に、事前に写真サイズを決め、それに適したサイズ変更を施し、納得ゆく作業で原稿を制作する事が、今回の目的になります。

「でもフォトショップみたいな画像処理ソフトが必要なのでは?」と思われるかもしれません。大丈夫です。なるべく難しい操作や特別なソフトを使用しないで実現させる方法をご案内します。早速見て行きましょう。

作業の流れ

まず始めに作業の流れを見てみましょう。

今回はA4サイズにたくさん写真を詰めむケースを想定し、そのサイズ内に複数の写真を「サイズ変更して」配置、ネットプリント注文して手元に届くというフローになります。今回は「マイクロソフトWord」と「Webオンラインアプリ」を使用します。

Wordでサイズ変更と配置

一番の課題は「写真」のサイズ変更になります。今回「マイクロソフトWord」をこの操作に使用します。

Wordを用いた理由は「日頃使い慣れてるソフト」「写真サイズが数値で変更できる」「JPG画像ファイル以外にPDFやPNGファイルも取り込むことができる」等の条件を揃えていることです。

余談ですが、Wordは、「Adobe-Illustrator」等に代表される本格的なグラフィックソフトには及びませんが、そこそこのグラフィックを扱う機能が搭載されており、少し慣れれば卒園アルバムの原稿自体も高いクオリティで制作可能なスペックを持ちます。

Wordのサイズと余白設定をする

上部左の「ファイル」を選択すると、その直下に機能を選択する「タブ」が表示されます。

この中の「サイズ」を選択し、複数掲載の場合は「A4」、単体掲載の場合は「L版(89×127mm)」に設定します。

更に「余白」タブで天地左右の余白を0mmに設定します。(設定した0mmが最も掲載領域を確保できますが、プリントの際若干の裁ち切れを考慮し、縁ギリギリの配置は下げるべきでしょう)

写真を配置する

写真を用紙に載せて行きます。上部メニューの「挿入」から「画像」を選択し、任意に画像を指定します。

表示されると、図に書式変更を与えるメニューバーが下の図のように表示されます。
(表示されない場合、図をダブルクリックすると表示されます)

写真の画質を高画質設定にする

Wordは画像を挿入した時点で、画質を圧縮し、解像度を下げる働きをします。

写真をダブルクリックし「図の書式メニューバー」左手にある「図の圧縮」をクリックします。画像の圧縮ダイアログが開き、現在の画像に働きかけてる仕様が表示されます。

ここでは「圧縮オプション」>「この画像だけに適用する」のチェックを外す「解像度の選択」>「ドキュメントの解像度を適用」にチェックの操作をしてください。

特に解像度の選択で、上記以外にチェックが付いていると、十分なプリント結果を得られない場合がありますのでご注意ください。

写真を移動する

配置した直後ですと、写真をドラッグアンドドロップで自由に位置を移動することができません。
これを出来るように設定を行います。(図の挿入の度に設定する必要があります)

「図の書式メニューバー」右方向にある「文字列の折り返し」プルダウンメニューから「内部」を選択します。

これで写真を紙面のどこにでも移動することができます。

写真のサイズを変更する

「図の書式メニューバー」一番右に表示される「縦横寸法表示窓」のどちらか一つに任意の数値を入れることでサイズの変更ができます。

ちなみに配置された画像をクリックすると、写真のふちに8つの「◯」マークがつきます。

四隅のいずれかを対角線状にドラッグすることでもサイズ変更が可能です。(但しサイズ変更中は「図の書式メニューバー」の寸法表示は出ません)

配置出来る分だけ配置する

A4サイズで複数掲載に場合は、上記の要領で写真をどんどん配置して行きます。1枚でも多く掲載できた方がお得です。

Wordでトリミングや画質補正も

Wordは、決められた「型」で写真を型抜きする「シェイプ」や、写真の一部を切り取る「トリミング」、ごく簡単なフレームをつける「スタイル」、写真の色味やトーンなどの補正を行う「カラー」などの機能を予め搭載しています。お試しください。

PDF形式で保存する

写真プリントの基となる画像ファイル形式は「JPG(ジェーペグ)」にする必要があります。

Wordから直接JPGで保存を行うことができないため、その一つ前段階として「PDF(ポータブルドキュメントフォーマット)」として保存を行います。

このPDFは写真本来の画質や色彩情報を忠実に保持し、JPGに変換する際にも劣化が殆ど生じないメリットがあります。

ファイルから「名前を付けて保存」を選択し「ファイルの種類」をPDFにします。

ファイルの種類プルダウンメニューの下がPDF用の操作表示に変わります。オプションを選択します。

保存する際の設定が細々と表示されていますが、ここでの操作は下記の「2カ所のチェックを外す」に限定されます。

・アクセシビリティ用のドキュメント構造タグ・ISO 19005-1に準拠

そしてもう一カ所。下部の「保存」ボタン左にある「ツール」から「図の圧縮」を選択し「ドキュメントの解像度を適用」にします。

この設定は、写真を用紙に挿入した際に行った内容と同一ですが、念にため確認しておくとベストです。

最後に「保存」ボタンをクリックして指定先に保存します。

保存したPDFをJPGに変換

前記の通り、プリント注文の際、画像データはJPGに限定される事から、Wordから保存したPDFデータをJPGに変換する必要があります。

その際役に立つのがWebオンラインソフト「Smallpdf」です。

PDF→JPEG変換サイトを見る

方法はとっても簡単です。先程保存したPDFデータをブラウザ上の「ここにPDFをドロップしてください」の場所にドロップするか、ファイル選択方法で保存したPDFを指定するかになります。

ドロップ後(または選択後)自動でJPEGへの変換が始まります。オンラインソフトがPDFを認識すると下のような表示になりますので、「ページ全体を抽出」を選択します。

しばらくするとJPGへの変換が終了し、JPG画像をダウンロードできる様になります。任意の場所に保存をしてください。

プリントをネット注文する

ここからは、普段プリントに使用されてるDPEショップや、ネットプリントメーカーへの発注でよろしいかと思います。

ですが、「A4サイズに複数掲載」の場合、写真サイズももちろんA4と大型判。取り扱いの無いメーカーが多いのも事実です。今回A4サイズプリントをネット注文できるメーカーとして「フジプリ」をご紹介します。

フジプリのサイトを見る

フジプリのA4プリント

フジプリはFUJICOLORデジカメプリントの専門店。フジフィルム社製高品質写真現像機「フロンティア」での印刷、フジカラー純正最高級印画紙使用など、その品質はお墨付きです。

そしてA4出力は、プロが1枚づつ最適な色補正を行う特別仕上げになります。価格は9枚までは1枚につき191円、10枚以上は1枚につき172円です(2018年11月現在)。

注文方法

トップページの「注文する」をクリックすると写真クオリティを選択する画面に変わります。A4の場合「プロ仕上げ」→「フジカラー純正印画紙 for Laser」を選択します。(パソコンにFlashがインストールされてる場合「Flash版ツール」を選択します)

写真(ファイル)選択の画面になります。左上にある「ファイル選択」ボタンをクリックし、先程保存したA4画像を選択します。
選択した写真がサムネール表示されます。大きな画面で操作したい場合「拡大」ボタンをクリックすることで表示が大きくなります。

おわりに

今日は卒園アルバム切貼り制作の際に、写真サイズを思い通りに変更しプリントする方法をご紹介しました。

日頃から親しみのあるマイクロソフトWord、便利なwebオンラインソフトでPDFをJPEG変換、プロ仕上げのA4ネットプリントを橋渡しして実現します。

目の前にあるプリントされた写真を前に「このたくさんの写真をどう構成しようか…」とにらめっこが続くのは、切貼りでの卒園アルバム制作によくあるシーン。あるいは、モニターに写る膨大な画像を前に「どれを選択して、どうやって切貼りしていくか…」と途方に暮れるケースも。まずは今回の方法を実行してみてはいかがでしょうか。そこで答えが見えてくるはずです。

もちろん今日ご紹介以外にもたくさんの変更方法があると思います。色々試され最も自分に適した方法で、ワンランクもツーランクも上のアルバム原稿をお作りください。

今回も最後までご覧いただきありがとうございます。それでは、また。

卒園アルバムキッズドン!代表-宗川 玲子
キッズドン! 代表 宗川 玲子(そうかわ れいこ)

SNSで情報更新をお知らせします

ブログや、フリー素材の新作、ニュースなどの更新情報を、ツイッターとインスタグラムでお知らせしています。フォローしていただき最新情報をお受け取りください。