はじめての卒園アルバム

BLOG Archive

  1. 卒園アルバムTOP
  2. はじめての卒園アルバム
  3. 卒園アルバム、保護者がおまかせ制作に決めた理由8選

2021.12.15

卒園アルバム、保護者がおまかせ制作に決めた理由8選

卒園アルバム、保護者がおまかせ制作に決めた理由8選-タイトル

今回は、卒園アルバムの制作を、業者デザイナーにおまかせするメリットについてお話しします。

おまかせ制作を選ばれた方の心境や、おまかせ制作に行き着いたプロセスなどを交えて進めてまいります。

この記事は、卒園アルバム制作メーカー“キッズドン!”が提供する制作方法「おまかせコース」をベースにした内容となります。
今回のポイント:制作に息詰まったらおまかせコースの選択をご検討ください
この記事はこんな問いにお答えします
  • どうにもやる気が出ない
  • 委員の負担を平等にしたい
  • そもそもパソコンがない
  • 制作に自信がない

あなたの「困った」を解決するおまかせ制作

おまかせコースで制作した卒園アルバムサンプル

こんにちは、キッズドン!の宗川 玲子です。

私ども、卒園アルバム制作メーカー“キッズドン!”が提供する 「おまかせコース」。 

当社ご成約の7割がこの「おまかせコース」によるものです。

おまかせコースを見る

おまかせコースとは

卒園アルバムの原稿制作するデザイナー

おまかせコースとは、キッズドン!専任デザイナーが、お客様に代わって原稿制作をするものです。これによりお客様の作業を一言で言うと

写真を選んで送るだけ

となります。厳密には「ページ構成を作りどの写真を配置するか」「校正-修正確認」といった作業がありますが、お客様の手による制作と比較し、負担が大幅に軽減されることは言うまでもありません。

そして、デザイナーによる品質が、アルバムを見る全ての方に感動を与えることが約束されています。

先ほど「ご成約の7割がおまかせコース…」と触れましたが、保護者の方がこの制作コースに行き着いた理由はなんだったのでしょうか?

その理由を8つのカテゴリーに分けてご紹介します。きっと「アルアル」の内容に共感いただけると思います。

おまかせ制作にした理由

1.準備段階でギブアップ

卒園アルバム制作をギブアップしてる担当者

卒園アルバム制作… それは担当者(卒園アルバム委員、卒園対策委員)にとって大プロジェクトです。

未経験者の方の多くは「卒園アルバムはもくもくと原稿を制作する」イメージが浮かぶと思いますが、そこに至までに数多くの「やらなくてはならないこと」が存在します。

卒アル委員の作業内容

写真撮影 / 撮影許可申請 / カメラマン手配 / カメラマン当日指示 / 写真収集 / 写真選定 / プリント写真スキャニング / ページ構成考案 / 全体スケジュール管理 / 保護者へメッセージ依頼-回収 / 先生へメッセージ依頼-回収 / アルバム制作業者窓口担当 / 見積依頼 / 相見積検討 / 保護者へ個人ページ写真提供依頼-回収 / 保護者宛に完成した個人ページ校正依頼 / 保護者から代金徴収 / 全体会計 / 完成アルバム検品 / アルバム完成品の梱包作業 / 卒園後の個別配送手配 / 共有アカウント取得

この中で最も労力を要すのが 「写真収集-写真選定」 です。

こんなストーリーが浮かびます。

写真選定のワンシーン

1000枚の写真を前に選びきれず悲鳴をあげる母親

Googleフォトなどのクラウドサービスや、USBメモリーでのコピーを利用し、委員の間で撮影された写真を共有し、自分の担当するページの写真を集積。

例えば運動会や、発表会などのビッグイベント。写真が大方そろった所でそのフォルダを見ると、その枚数は1,000枚を超えている…

「ここから50枚近くの写真を不公平なく選ぶの?… 明日から頑張ろう…(と、そっとノートパソコンの画面を閉じる)」

といった場面はよくある話です。写真1点を選ぶのにも

  • 鮮やか
  • ピントボケしていない
  • いい表情
  • メッセージ性がある
  • 公平性

などの条件を無意識に頭の中で回転させながら進めていくため、それ相応の疲労が押し寄せます。

この写真選定や、先に挙げた作業一覧の内容をこなしながら、ようやく「原稿制作」にたどり着くわけですが、多くの委員は

「こんなにやる事多いうえに原稿作るなんてムリ」

と、意気消沈となり、制作意欲がなかなか湧かない状況に陥ります。

この状況から、本来自分たちで原稿制作しようとしていたものを、おまかせコースに変更し、負担による制作停滞を回避する例が多くあります。

卒園アルバムの数ある作業のこなし方を解説した記事がありますので、併せてご覧ください。

2.アルバム委員が少人数

少人数制の卒園アルバム委員会

キッズドン!のおまかせコースで成約いただいた「アルバム委員の構成人数」を見ますと「1名〜3名ほどの少人数」が多数を占めてることがわかります。

少人数では作業しきれない

前項に挙げた「卒園アルバム制作での作業内容」を少人数の委員でこなしていくのは、どだい無理に近いことと言えます。

3名の委員構成で、仮に24ページの原稿制作の場合、1名担当は8ページとなり、相応の負担が強いられます。

潤沢な時間があり、納品も卒園式後の秋以降…といった条件であれば実現可能と思われますが、あまりにプロジェクトの期間が長いと、なかだるみが発生し、モチベーションの低下からベストな状態での制作が困難となってきます。

このことから「委員でなくてはできない作業」に徹し、業者に依頼できることは全て預けるという運びになります。

この「委員でなくてはできない作業」と「業者が行うべき作業」を 「舞台制作」 を例にとってご案内しています。

卒園アルバム制作を舞台公園に見立てて解説

委員でなくてはできない作業

全体のアルバム構成や、制作に関する多くの作業を取り仕切るのは「舞台監督」であるアルバム委員の方々になります。そして舞台に立つキャストは「写真」であり、そのキャスト選考と、ステージでどのように活かすかは舞台監督の腕に見せ所です。キャストの存在が「卒園アルバムという舞台」成功の7割を占めると言っても過言ではありません。

業者が行うべき作業

業者が行う「原稿制作」は、いわば「舞台美術」「照明演出」「衣装」等のクリエィティブ作業にあたります。舞台監督(=委員の皆様)は、概ねこのクリエィティブ作業に入り込み、自ら手を動かすことがありません。あくまでもスタッフチームの専門性を活かして舞台を作り上げていきます。

アルバム委員が大所帯の構成であれば、役割分担を行い、業者が行うべき作業までをカバーできるかもしれません。

ですが、少人数の場合、業者を制作チームに取り入れ、委員に掛かる負荷を減らして、安定した制作作業を進めることを提案しています。

3.時間がない

時間がないと嘆くワンシーン

退社後保育園のお迎えに走る母親

忙殺される仕事をなんとか切り上げ、保育園にまっしぐら。迎えた子どもと買い物をし、帰宅すれば兄弟の面倒をみる時間が刻々と経過。

食事を作ってる間に夫が帰宅し、はたと気づけばもう21時。下の子を寝かしつけてる間に疲労感が押し寄せ、私もついついうたた寝を…

はっ!と目を覚まし一言。 「アルバム作る時間なんて無い。」 

年長への進級年度で役員選定が行われ、アルバム委員や卒業対策委員が発足した際「面白そう」「子どものために頑張るぞ」「クリエィティブなことにチェレンジしたい」と意欲に満ちていた感情も、日々の現実の前に、段々と弱まることは往々にしてあります。

時を刻む時計

また、アルバム委員ご自身で原稿制作される場合、制作自体の時間が必要となることはもちろん、常に「次の原稿をつくらなけきゃ」というプレッシャーが付きまといます。

おまかせ制作は、そんな状況を「心にゆとりを持つ」状況に変える効果があります。

アルバム制作時間等に関連する記事がございます。併せてご覧ください。

4.パソコンがない

スマホを操作してる女性

キッズドン!のブログを始めとする公式Webサイトへのアクセスの7割は、スマートフォンからというデータがあります。

残り2割がパソコン、1割がタブレットとなり、それだけプライベートにおけるパソコンの役割がスマホに取って代わった事を痛感します。

この情勢から「パソコンを持たない」「パソコンあるけどまともに動かない」「アップデートもしばらくしてない」という環境が非常に多くなってきています。

これによりどんな影響を及ぼすでしょうか。

業者提供ソフトが使えない

パソコンが無ければ、アルバムメーカー提供の「卒園アルバム制作ソフト」の使用ができません。

仮にソフトがスマホ対応であっても次の理由から現実的ではありません。

  • 多量の写真をレイアウトした後のバランス確認がしずらい
  • 細部のデザインがしにくい
  • 正確な位置指定が困難

1ページ10点以下程度の写真を、あまり装飾性を持たせることなくレイアウトするならば問題ありません。以前スマホでアルバム制作を行うノウハウを紹介した記事を書きました。

ですが、多量の写真にて少々凝ったつくりにする場合はストレスが掛かると思われます。

となると切り貼り制作しかない?

卒園アルバムを制作する母とこども

パソコンが使えない、スマホも現実的でないとすると、残る「自作」手段は「切り貼り」となります。

切り貼り制作でご留意いただきたいのが、

制作を開始するハードルは低いが時間がかかる

という点です。

  • データからプリント写真に(費用も掛かる)
  • プリントを切り貼りする時間
  • 失敗が許されないため慎重を期すため時間を要す

これ以外に、目の前にある「写真ありき(サイズを変えられない)」で制作を行うことから、レイアウト構想が制限され、その制限の中で理想を追求せねばらないことから、レイアウト決定まで切磋琢磨の時間が経過します。

このことから、時間の有効活用の点で障壁となる場合はあります。

おまかせ制作は、写真の送付だけでこと足りるため、スマホのみでも執り行うことができ、パソコンの有無に影響されないことも特筆の一つです。

パソコンがないアルバム担当者に向けた関連記事がございます。

5.委員の負担を平等にしたい

役員決めの席ワンシーン.1

誰かが卒園アルバム委員に立候補してくれないか待ち続ける保護者

年度初めに行う役員決めの席。風のうさわでは「卒園アルバム担当者はとても大変」と聞いていて、出来れば避けて通りたい。

と内心思いながら保護者会に出席される方が多いのは周知の通りです(笑)。

もちろん、やる気満々の立候補者が複数名いれば、これほどありがたいことは無いのですが、そうではない環境の方が圧倒的多数です。

上のストーリーの続きをご覧ください。

役員決めの席ワンシーン.2

卒園アルバム委員に立候補する女性

沈黙が続き、空気の音が聞こえるような不穏な時間が経過し、立候補者が出ることを待つ保護者の面々…。

そこにとある保護者からの一言が。 「毎年委員に選ばれた方がアルバム原稿の制作をしてるが、それを業者にお願いして、委員の負担を減らす条件であれば、私がやりますが、皆さんはいかがですか?」 

「それなら私にもできるかな…」と、数名の手があがり、無事本年の委員が決定しました。

これは現実のお話しであり、同じ境遇でのご成約をいくつもいただいています。

園の慣例で「委員の自作」であった制作方法を業者制作に変えて、委員選出のハードルを下げた試みとなります。

園の慣例変更という点で添えたいお話しがございます。

卒園式前納品 → 卒園式後納品へ

卒園式で記念撮影する2名の女児

卒園式前に納品し、 卒園式に園児にアルバムを渡していた慣例を、卒園式後の配布に変えた事例 です。

卒園式に渡すメリットは

  • 節目として切りが良い
  • アルバムを友だちと共感できる
  • 卒園後に作業を引きづることがない

などが挙げられます。反対にデメリットは

  • 制作期間がタイトで負担が大きい
  • 業者制作だと1月以降の行事は入らない
  • 卒園式を入れることができない

となります。ここでの注目は「業者制作だと1月以降の行事は入らない」という点です。

正直、業者の制作に関わる繁忙期は1月〜3月の3ヶ月であり、3月中旬納品の場合、素材(アルバム掲載写真等)提供の締め切りを「およそ年内まで」としています。

本来、ハイライトとなる、1月以降の節分や発表会、そして卒園式などを収める事ができません。

それでは一体何のための「卒園アルバム」なのか…という疑念から納期の再検討となり、卒園後のお渡しに変更される園が多くなってきています。

制作期間に余裕が生まれ、なおかつ濃密な内容の卒園アルバムになる。さらにおまかせ制作にすれば、卒園や就学で慌ただしい時期を、制作のストレスを抱えることなくお過ごしいただけるでしょう。

納品時期をテーマにした関連記事はこちらです。

卒アル負担が大きいなら廃止を唱える声

平等のイメージ

ご成約のお客様より、ある保護者より「卒園アルバム役員と他の役員の作業を比較して、負担があまりにも多いようなら、その不公平感からアルバム制作を廃止すべき」との意を提言されたという事例を伺いました。

保護者の負担は平等であるべき

が前提とされる中、卒園アルバムを不要とする方の意見です。この時は「アルバムを作りたい」という意見が大半であったことから、おまか制作の手段を取り、提言された保護者に納得していただいた上で、制作決行になったと言います。

6.制作に自信がない

パソコンが苦手で卒園アルバムを作りたくない母親

デザインを経験したことがない、自称-不器用、パソコン類の知識が乏しい、うまく作れる自信がない… といった方がアルバム委員になった場合、そのストレスは甚大なものです。

卒園アルバム制作は、基本「自由」が大前提ですので、本来人の目や評価を気にする必要はありません。

ですが、そうは言っても実際には考えこんでしまうのが正直な所でしょう。

この悩みを解決するのがおまかせ制作です。お客様が行う作業は

  • ページ構成を考案する
  • ページに見合う写真を選定する
  • その写真を業者に送る
  • 校正確認はパソコンでもスマホでもできる

にほぼ限定されます。クリエィティブ性や自分のスキルは一切必要ありません。

実際におまかせコースを利用されたお客様の声があります。併せてご覧ください。

また、おまかせ制作は、次のような大きな利点があります。

卒園アルバムに関する相談ができる

卒園アルバム制作未経験者の委員構成であっても、おまかせ制作でのご成約と同時に、キッズドン!という卒アルコンサルタントがつきます。

私どもは「卒アルヘルパー」と呼んでいるのですが、

  • 進行手順
  • ページ構成
  • 写真撮影
  • 保護者対応
  • 先生対応
  • アイデア

等々のご相談に対応し、委員の方が抱えてる不安や悩みの解消方法を提案いたします。

この「ご相談」は、おまかせ制作でなくとも、他の業者様であっても可能かもしれません。ですが、幾度となくやり取りを交わし、お客様とスタッフの信頼関係が築き上げられたうえでの相談は、中身の濃さが格段に違います。

お客様は「いつでも相談できる」、私どもは「なんとかしなきゃ」といった心情から的確な解決が図れ、完成に着実に進むことができるのです。

7.業者ソフトのテンプレートならおまかせでも同じ

業者提供ソフトイメージ

兄弟の代で卒園アルバム委員を経験された方が、当年のアルバム委員となることは、ごくごく普通の流れです。

ある意味「経験者」として他薦されることで迷惑と思われる方も一定数おられるようですが…(笑)

そんな経験者の方とのご成約に際し、兄弟の時は他の業者だったが本年はキッズドン!にした理由を一つご紹介します。

お客様との談話ワンシーン

アルバム委員全員が、誰でも簡単に原稿制作ができるようにと、業者提供の制作ソフトにあるテンプレート(※)を使用したが、 デザインが好みに合わない、写真枠が少ない など、理想とかけ離れており、いわば妥協の連続で完成させました。

自分たちで制作してイメージ通りに仕上げることが難しいなら、「おまかせ制作」でゼロからデザイナーの方により良いものを作っていただいた方が得策と思い成約をしました。

(※テンプレート=予め写真枠が確定しており、そこに写真をドラッグ&ドロップすることで枠にマッチングする仕様)

業者提供の制作ソフト(ちなみにてキッズドン!にこのソフト提供はございません)は一般的に「テンプレート」を使用して制作することがメリットとなっています。

ですが写真点数や写真枠の縦横比率を変更する事ができないことが多く、いわば「テンプレートに写真を合わせる」といった逆転思想で望まなくてはなりません。

さらに談話にあったように、デザインの趣向に対して合う合わないがあり、複数の委員による制作の場合、提供ソフトの使用を見送る方もいらっしゃいます。

おまかせ制作はゼロから制作

キッズドン!のおまかせ制作は、テンプレートがありません。

お預かりした写真の持つ意図を壊すことなく、120%に引き立たせ、最良のバランスでレイアウトする作業ポリシーは、予め決められてるテンプレートでは決して上手くいきません。

ラフの考案(本制作以前の仮デザイン)を幾度と繰り返し、複数の背景を充ててみて、時間をかけて、そのページのテーマに沿ったデザインを行っていきます。

これにより、テンプレートとは比較にならない完成度の高さを実現させることができます。

おまかせ制作のデメリット

手前みそ的におまかせ制作の利点を挙げ続けていますが、デメリットも存在します。

それは 「出来上がってくるまでどんな内容になるか分からない」 点です。

おまかせ制作は、お客様より事前のデザインリクエストを承ることができず、また、デザインに関する修正も出来かねる規約となっています。

これにより、お客様には、キッズドン!をご信頼いただく他に無いのですが、ご成約の前に、どんな作風となるかをご確認いただける方法があります。

トライアルキャンペーン

卒園アルバムおまかせトライアルキャンペーンバナー

お客様よりご自身が所有する20点の写真を送付いただき、キッズドン!が本番同様の手順にて「見開きページ」にそれをデザインします。

そして実際の印刷に使用する印刷方法と用紙に印刷し、ご自宅に郵送するというキャンペーンです。

これによりキッズドン!がどのようなデザインを行うかを確認していただき、信頼できる業者かの判定材料としていただければ幸いです。

キャンペーンは成約する、しないに関わらず「無料」です。

詳しくは下のボタンより移動されご確認くださいませ。

トライアルキャンペーンを見る

サンプルアルバムでもご確認いただけます

卒園アルバムサンプルアルバム1

卒園アルバムサンプルアルバム2

おまかせコースの工程で制作した「サンプルアルバム」を無料でお貸し出ししております。

キッズドン!の制作クオリティや印刷仕様のチェック以外に、ご自身で制作され場合でのレイアウトヒントにもお役立ていただけます。

ぜひ現物をお手に取りお確かめください。

サンプルアルバムを見る

8.制作コースの途中変更

制作コースの変更(進路変更イメージ)

どうにもやる気の出ないワンシーン

自分たちで原稿作ってきたけど、時間も掛かるし、なんか今イチだし、この後のやる気が出ないな…。

まだ6ページ分も作らなくちゃいけないのに、もう12月。焦ってばかりで全然前に進まない。

全く手を付けてないママもいるし、本当に期限までに完成するのかなー…

このような境遇の方にこそ、おまかせ制作をご利用いただきたいと思います。

お客様ご自身で制作されるコースから、途中段階でおまかせコースに変更することができます。(その逆もありです)

それなりのお時間と料金差額は生じますが、いざと言う時の助け舟としておまかせ制作を活用ください。

また、おまかせへの変更が「少数」である場合、 キッズドン!の「原稿おまかせパック」サービス をお勧めいたします。

詳細は下記バナーからご確認ください。

おわりに

今回は、卒園アルバムの制作を、業者デザイナーにおまかせするメリットについてお話ししました。

選ばれた方の心境や、おまかせ制作に行き着いた経緯など、その内容に共感される部分も多かったのでは無いでしょうか。

「卒園アルバム=保護者が1から10まで制作する」という風習は、10年前であれば頷けた内容です。

ですが、夫婦共働きが当たり前である現代や、何かと余裕を持つことが難しい社会情勢からすると、その風習の実践はどんどん難しくなっています。

さらにITの進化により、ますますスマホファーストの状況が加速し、パソコン不要の到来から「自手制作」が必然と遠のくことも考えられます。

これらの課題を解決するのが「おまかせ制作」です。

おまかせと言っても、アルバムクオリティの7割を決める「写真選定」はお客様にお願いしています。

愛情を込めて選定した写真をいかに輝かせるかに従ずるのが、私ども黒子でのキッズドン!の使命です。

その完成品を見る園児や保護者の皆様は、一同に、アルバム委員が込めた気持ちを強く感じることでしょう。

おまかせ制作につき、ご不明点がありましたらご遠慮なくお問い合わせください。

おまかせコースを見る

今回も最後までご覧いただきありがとうございます。それでは、また。

卒園アルバムキッズドン!代表-宗川 玲子
キッズドン! 代表 宗川 玲子(そうかわ れいこ)

SNSで情報更新をお知らせします

ブログや、フリー素材の新作、ニュースなどの更新情報を、ツイッターとインスタグラムでお知らせしています。フォローしていただき最新情報をお受け取りください。